予備校での経験は入学後でも活きました

医学部受験を終えて、予備校について感じることは・・・


これをもし自力でやっていたとしたらおそらくは常に不安との戦いだったように思いますが、予備校に通ったことによってリラックスをして本番を迎えることができたので本当に良かったです。 本番ではさすがに緊張はしましたが不安はなく、ミスがなければ受かるはずだという自信を持って挑むことができました。 手応えも十分で自己採点の結果としてもまず大丈夫だろうという感じでしたから、合格がわかった時には喜びよりもホッとしたというのが正直なところでした。 最初に連絡を入れたのは今までお世話になった予備校の先生で、合格したことを伝えると本当に喜んでくれたので感動をしました。

現在は医学部に入って医学の勉強をしていますが、受験の時よりも更に難易度の高いものばかりなので楽ではありません。 しかし、受験勉強によって更に効率的な勉強法というのを身につけることができたので、それが今になっても生きていてなんとかついていくことができています。 単なる思いつきのような形で医学部を目指すことになったわけですが、それでも上手く合格をすることができ医者の道を歩むことができたのは本当に良かったと思います。 これも全て個別指導による、非常に密度の濃い学習をすることができたおかげですね。



---Menu---
TOP
自力では難しい
テスト本番